お客様ホットラインへ

『スターバックスから学ぶ 優先順位と迅速な対応』

こんにちは。

FP毛利です。

 

コーヒーチェーン大手のスターバックスが再開しましたね。

再開を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

 

私の会社近くにあるので、よくお店の前を通るのですが

他店舗に比べて臨時休業の決定・実行が早く驚きました。

 

実は3月上旬から、マイマグの利用停止・備品を使い捨てに変更・マスク着用徹底・手洗いの頻度など

衛生の徹底を打ち出していたことから、コロナ対応のスピードの速さが伺えますね。

なぜ、ここまで対応が早かったのでしょう?

それは優先した事が

『コロナ感染拡大防止』『来店客と従業員の安全確保』

だったからではないでしょうか。

 

以前、こんな話を聞いたことを思い出しました。

茶道教室の先生が悩んでいた時に

『どちらにするか迷た時、何が1番大事なのか?優先順位を考えなさい』

と師匠から教わったそうです。

 

あなたにとって大事な事はなんですか?

 

仕事中に、保育園から子どもの発熱でお迎え依頼の電話が掛かると、どちらを優先すべきか悩む・・・。

 

このような『葛藤』を経験された方は多いのではないでしょうか?

きっとスターバックスの経営者も同じように『葛藤』はあったと思います。

 

その時に、何を優先すべきか考える事も大事であり、問題が発生した時に対応が早いのか?遅いのか?

で結果は大きく変わると思います。

 

今回、コロナ対応の早かったスターバックスは

間違いなく社会的なブランドロイヤリティーの向上に繋がったことでしょう。

 

迅速なコロナ対応でスターバックスのファンとなった人は

私も含め、かなり増えたと思います。

 

判断を要する出来事が起きた時に、今回のスターバックスのように

『優先順位』と『迅速な対応』を見習いたいですね。